岸和田青年会議所について

岸和田青年会議所では、明るい豊かな社会を目指して、地域社会に貢献する様々な活動をしています!

こんな活動しています

まちづくりビジョン

地域との協働したまちづくりの推進

わたしたちは、地域との協働したまちづくり運動を推進していきます。
市民が自分のまち・地域のことを考え、関心を持つことにより、自分とまちのつながりを感じ、どうすべきかを考え、責任ある行動をとることによって、犯罪が減少し、安全できれいなまちとなり、子どもの笑顔あふれる明るい豊かなまちへと繋がり、そして、自分達のまちに「自信と誇り」が持てるようになると考えます。

行政との協働したまちづくりの推進

行政とともに自分たちのまちに自信と誇りを持てるまちづくり運動を推進します。
自分たちの暮らす地域の行政や政治への関心を高め、自らが責任を持って自分たちの地域づくりに参加していくという市民意識の醸成につなげ、市民と行政とともに高いレベルでの協働したまちづくりを推進していきます。

岸和田再発見、再発進運動の推進

岸和田らしさを再発見し、再発進する運動を推進します。
海から山まで多様な自然環境があり、農業・漁業共に府下有数の生産地でもあります。高い技術を持った繊維・レンズ産業や機械・金属産業も発達しています。
そのような岸和田の良さを再認識し、再発見し全国へ発信していくことにより自分たちのまちに自信と誇りを持てるまちづくりを推進していきます。

ひとづくりビジョン

地域社会による教育の推進

青年会議所は子を持つ親・地域の大人として学校と連携し教育問題を考えていきます。
地域と一緒に子供たちを見守っていく活動を推進していきます。

こころの教育の推進

子ども達に自然を含めた生命の尊さ・祖先を敬う心の大切さ、礼儀・思いやり・協調性の大切さを学んでもらい、郷土の特色や伝統的な文化・情緒・日本のこころを伝えることにより、心の豊かさを学んでもらいたいと考えます。子供たちのこころの教育を推進していきます。

親学の推進

親学とは親の自己変革(親が変われば子も変わる、親=大人)のことです。親には子どもを教育する責任があります。いのちの大切さ、自然の恩恵に対する感謝など、人が生きていくために必要な情操心は家庭教育の中でしか伝えることができません。そのためにも、親学を推進していきます。

情報更新:2008年10月29日

理事長所信

2022年度 公益社団法人 岸和田青年会議所
第64代理事長 澁谷和則

「一意専心」
~すべては岸和田(わがまち)の未来のために~基本方針
地域の宝である青少年の健全なる育成
岸和田における「経世済民」を実現する青年経済人の育成
市制100周年を迎える岸和田の新しい 魅力の創造と発信
会員の魅力、資質、実行力の向上
会員拡大について

はじめに

2020年より世界中に感染が拡大している新型コロナウイルス感染症はなお拡大の一途を辿っており、我々のライフスタイルや人間関係にも多大なる影響をもたらしています。withコロナという言葉が世間では叫ばれつつも、なかなか思い通りには進んでおりません。地域においても300年の伝統を誇る岸和田だんじり祭も一昨年度は中止、昨年度においても参加自粛の町会もあるなど今までどおりの開催とはならず、地域において少なからず影響を与え続けています。しかしながらそのような現実を抱えつつも私たちは前を向き、元の日常を取り戻し、さらに明るい豊かな未来の社会を実現していくという大きな使命があります。目の前の困難に目を背けることなく、岸和田の未来を素晴らしいものにするために、いま何が必要で何が出来るのかを際限なく追求し続けてまいります。
本年、岸和田は市制施行100周年を迎えます。岸和田JCとして、伝統ある岸和田の歴史を刻んでこられた先輩諸兄姉の想いや志を受け継ぎ、まだ見ぬ未来の後輩たちがその想いをさらに昇華させることができるための歴史のひとページを刻んでまいります。大好きなまち、岸和田。大好きだからこそ何でもできる。家族を愛でる気持ちと同じ気持ちで岸和田のまちと接しあえるような一年でありたい。青年会議所らしく失敗を恐れずに挑み、壁を乗り越え、目標達成のためには労を惜しまずに行動いたします。

地域の宝である青少年の健全なる育成

一昨年来、子どもたちを取り巻く環境にも大きな変化がありました。楽しみにしていた行事等が多数中止になるなど、成長の糧を育む機会が大幅に減少しました。しかしながら、青年会議所では感染対策に工夫を凝らし、熱き信念の元で昨年はわんぱく相撲並びにサマースクールを開催いたしました。子どもたちの成長において「友情」「探求意欲」「道徳心」などはどんなときにでも欠かせぬものであり、今後の人格形成において重要な地位を占めて参ります。コロナ禍だから欠いてよいというものは子どもたちの成長において一つも無く、本年も変わらずに成長の機会を提供し続けることで素晴らしい未来を創造できる青少年の健全なる育成を行います。

岸和田における 「経世済民」 を実現する青年経済人の育成

地域の発展には地域経済の活性化が不可欠であり、岸和田においても例外ではありません。地域経済が活性化し続けているところには必ず優れた経済人が集い、互いを刺激し合いながらさらに経済が加速していくと考えます。経済という言葉は、現在においては財貨を通じて形成される社会を指しますが、そもそもの語源は「経世済民」であり「世を経め 民を済う」という意味で、古には公的な政策を指す言葉であり、公共性の強い言葉でした。現代における地域経済活動の活性、そして経世済民に通じる奉仕の精神は、まさに青年会議所に集う会員が率先して示すべきものであり、地域の発展に協力できるのが青年経済人であります。我々が目指す明るい豊かな社会の実現のためにも岸和田版青経塾などの運動を通じ、互いに学び成長することにより地域を発展させることができる青年経済人を育成いたします。

市制 100周年を迎える岸和田の新しい魅力の創造と発信

かつて戦国時代には戦略上の一大拠点として、江戸時代には岡部宣勝公が入封後十四代において治めた城下町岸和田は1922年に大阪府で3番目に市制が施行され、本年度に施行100周年を迎えることになりました。すでに、本市には岸和田だんじり祭をはじめ数々の魅力的なツールが多く存在しています。しかしながら、大阪湾から和泉山脈に至るこの街には、未だ発見されぬ魅力が埋もれている可能性があります。そこがまだ魅力の無い場所であっても、青年会議所会員の知恵を結集させ、工夫し創造することによって大きな変貌を遂げ、岸和田の新たな時代の魅力の発信源とすることができます。本年度は行政、民間、青年会議所がその叡智を結集させ、次の100年を見据えた魅力あふれる事業を発信します。

会員の魅力、資質、実行力の向上

青年会議所の運動の発信は背景を見据え、議論を交わし手法を考え事業を構築し、目的を達成することを繰り返します。その中で、自分自身に欠けていた視点を発見でき、また自分自身の優れた点が見出され、幾多の議論を重ね真剣に向き合うことで資質そのものが磨かれていきます。その議論を事業化する上で必要なのは実行力であり、目的達成までの最も重要な歯車となります。
青年会議所の三信条「奉仕・修練・友情」のもと様々な議論、事業を通じ目的を達成できた時、そこには魅力あふれたメンバーが存在します。一意専心の心がけを胸に、メンバー全員が魅力、資質そして実行力を兼ね備えた地域のヒーローとなるべく切磋琢磨いたします。

会員拡大について

戦国武将武田信玄公の言葉である「人は石垣、人は城」。この言葉には、人財の重要さが凝縮されています。石垣は様々な形(個性)を持った数多くの石(人財)が上手く組み合わさって構成されます。夢を語り、時にはぶつかり合いながらも協調し友情を育むことでその組み合わせはさらに強固となり、その上に立つ『城=組織』がさらに強力に伸長し、魅力にあふれていきます。魅力あふれる組織となればおのずと人は集り、その集う人数が多いほど互いに磨きあう機会が増えさらなる成長を遂げることができ、組織にも個人にも魅力があふれていきます。そのためにもさらなる会員の拡大に努め、魅力あふれる組織を作ります。

むすびに

コロナ禍において市民をはじめメンバー一人ひとりの生活環境や思考経路も大きく変わりつつある昨今、原点に回帰して全員で物事を成し遂げるという事の重要性を再認識したいと考えました。ただ愚直に岸和田(わがまち)の未来のために身を粉にして活動したいという想いで本年度のスローガンは「一意専心」~すべては岸和田(わがまち)の未来のために~とさせていただきました。「一意専心」という言葉にはメンバー全員一丸となって岸和田の未来のために奉仕するという意味を込めさせていただきました。
本年度の岸和田青年会議所は「一意専心」のもと、地域を愛し、地域に愛され、地域と共に未来を描き、岸和田(わがまち)の明るい豊かな社会の実現に向け、運動を発信しつづけることを約束いたします。

情報更新:2008年10月29日

OTONANOSENAKA運動

(社)岸和田青年会議所は「OTONANOSENAKA」運動を推進します!

地域の大人が変わること。親が自ら変わること。

子どもたちは私たち大人のマネをします。
それはヒトの遺伝子に刻まれた「本能的な行動」であるとも言われています。

ですから私たち大人が「きちんとしなさい」と言ってみても、
子どもたちが見ているのは、
私たち「大人の背中(行動)」であり、言葉そのものではない
という事が言えます。

「岸和田版大人の背中運動」とは、
私たちが、単に「きちんとしなさい」と言うだけではなく私たち大人が、
自ら「きちんとする」事を子どもたちに行動で示し
さらに推進していく運動です。

「OTONANOSENAKA」運動七ヶ条
一、なにごとにも時間は守るべし。
一、交通ルールは守るべし。
一、ゴミ・吸い殻は決められた場所に捨てるべし。
一、携帯電話の使用には注意すべし。
一、高齢者・体の不自由な方等に席を譲るべし。
一、自分の間違いは素直に認め、謝るべし。
一、相手の話を途中で遮らず最後まで聞くべし。

情報更新:2008年10月29日

岸和田JCの歴史

岸和田JCのあゆみ

1959
設立総会
1960年代
役所と合同会議
1973年頃
くずかご設置運動
1978~
市民フェスティバル
1984
社団法人格を取得
1985
あゆみなどのアンケート
1988
ちきり基金設立
1970~88
ソフトボール大会
1998
地球市民盆踊り
1998.7.20
ドラゴンボートレース
1999.5.27
全国城下町シンポジウム
2002
木村弓「心のコンサート」
1991~
少年少女サマースクール
1995~
わんぱく相撲岸和田場所
1998
博愛國際青年商會(台湾)と姉妹JC締結
1999
第18回全国城下町シンポジウム岸和田大会
2008
創立50周年記念事業
2009
新垣勉「心に届くコンサート」
米村でんじろう「サイエンスショー」
親子サッカースクール(セレッソ大阪)
2010
岸和田版青経塾
生命のメッセージ展
2011~12
岸和田城ファミリーラン
2013
公益社団法人に移行
創立55周年記念事業
2018
創立60周年記念事業

岸和田JC 歴代理事長 スローガン

年度 理事長 スローガン
1959 烏野 栄一 JCの力で築こう明るい社会
1960 藤本 好夫 JCの1人1人が社会の希望
1961 藤波 周次 JCは明日の世界の道しるべ
1962 武田 利治 経済の正しい成長にそなえJC
1963 小南 一雄 JCの若さで結べ世界は1つ
1964 大沢 清彦 新時代築く若さと指導力
1965 奥 芳男 福祉国家創るさきがけ果たせJC
1966 才門 三郎 JAYCEEの若さで創ろう明るい未来
1967 田上 悦男 JAYCEEの勇気で築こう正しい社会
1968 川崎 久雄 日本の正しい行く手しめせYAYCEE
1969 藪 定彦 YAYCEEの創意でしめせ日本の姿勢
1970 亀井 茂 豊かな心、厳しい自覚、貫け社会の正義
1971 下小田 昌良 豊かな心、厳しい自覚、築こうアジアの連帯感
1972 清水 貞勝 考える、行動する、若い力が未来をひらく
1973 木下 利貞 若人と創ろう築こう豊かな社会
1974 鈴木 元治 捜索する英知、挑戦する勇気、若さで担え未来
1975 覚野 博夫 人間への期待、明日への行動、創ろう正しい日本の心
1976 牧村 寿美雄 自立の心、拓こう未来、築こうわれらの連帯を
1977 中塚 清 築こう日本の礎、はかろう自治意識の高揚
1978 高橋 宏行 厳しい自覚、明日への飛躍、世界に示そう日本の心
1979 岸田 次郎 勇気ある挑戦、厳しい自覚、世界に翔け青年の力
1980 三ツ木 稔 ひろげよう地域の輪、たかめよう国際意識、問いかけよう日本の安全
1981 藤本 紀男 見つめよう国際社会、考えよう日本の役割、示そう青年の気慨
1982 肥後 真弘 わたしのまちから日本へ、世界へ
1983 久保 治雄 切り拓こう、活力ある地域の時代
1984 雪本 秀樹 今こそルネッサンス、創ろう新しい日本の時代
1985 奥 時生 めざそう私たちの21世紀、果たそう青年の役割
1986 井上 邦夫 おこせ青春の風、つくり変えよう、人、まち、地球
1987 北出 隆平 受け止めよう世界の心、創ろう新しい日本の生き方
1988 覚野 廣久 すばらしい人間関係を求めて
1989 才門 正男 JC新時代の幕開け再考と再生
1990 福岡 敏文 意義と行動/目的意識を明確にし大胆に行動
1991 雪本 清登志 いかんかい!
1992 竹田 耕平 [斬新]より良き明日の為に今!
1993 常道 拓彦 35th Anniversary 見つめ直そう日本人、JC、自分自身
1994 宮本 周一 耕そう、わが町、わが心
1995 西村 和幸 [新・行動派宣言]いってみい、きいてみい、やってみい
1996 才門 宏平 [RE]愉しみ次世代へブレイクスルー
1997 西村 繁信 [CHALLENGE SPIRIT]新しい時代(とき)は今
1998 杉本 幸嗣 21世紀への交響曲「幕は開いた」
1999 茨木 考一 祭心一旗 kishiwada only one
2000 西川 敏生 夢と未来の共創 自ら開く新世紀
2001 櫻井 新嗣 CHALLENGE21 ~新しい発想・大胆な行動~
2002 植田 朋樹 未来(あす)への考動 今にそして未来に感動を!
2003 坂井 達昭 新生の鼓動 ~創立45周年 地(まち)から起こせ時代の響き~
2004 藤原 秀之 ~次世代に繋げよう~ 輝く共生の大地
2005 西村 章友 Yes!We Can Do It! ~可能性を信じ、強い意志で挑戦しよう~
2006 中塚 貴志 もっと自分らしく、志のままに!~熱い思い、固い絆が拓く新時代~
2007 伊丹 泰司 行動・挑戦・飛躍 ~魅力ある岸和田JCへ~
2008 牧村 正彦 絆 ~誇り高き岸和田を目指して~
2009 阪田 俊次 夢を語れ、思いを語れ、岸和田JC新時代~明るい子ども達の笑顔のために~
2010 長岡 伸幸 新たな時代へ一丸!岸和田JAYCEE!~思いやりで育てよう 我がまち岸和田~
2011 石川 貴之 『以和為貴(わをもってたっとしとなす)』~思いやりの輪をつなげよう~
2012 岩出 善久 『未来への扉』~同志と歩み築きあげる新時代へ~
2013 大島 隆志 『勇気凛凛』~心を一つに新たなステージへ~
2014 永野 祥司 『集え!青年経済人』~未来の岸和田発展の為に~
2015 谷川 勇志 『一隅を照らそう』~仲間と共に照らす我が町岸和田~
2016 梅田 秀俊 『不易流行』~今こそみせたれ岸和田魂~
2017 山内 隆史 やる気、根性、熱い思い、前向きな姿勢が日々の成長になる
2018 永野 耕平 『60th challenge to change』~日々変わる自分を楽しもう~

情報更新:2008年10月29日

青年会議所(JCI)とは

What’s JC 青年会議所とは?
社団法人岸和田青年会議所は (JCI Junior Chamber International) の一員です。
日本全国では700あまりの青年会議所に約40,000人の「奉仕」「修練」「友情」という三信条のもと、率先して行動する仲間がいます。
半世紀以上も前から時代はかわれど「明るい豊かな社会」の実現を目指す青年団体、それが青年会議所JCです。
時代の担い手としての自覚と責任を持った、20歳から40歳までの青年男女で構成されています。
こんな方もJC出身者です
ジョン・F・ケネディ、チャールズ・リンドバーグ、ビル・クリントン、ビル・ゲイツ、麻生太郎、小泉純一郎、管直人、岩波雄二郎、堤清二、中曽根康弘、牛尾治朗、佐治敬三、千玄室、鳥井信一郎、服部禮次郎、森稔、柳瀬次郎、他多数のJC出身者が全世界で活躍中です。
JC宣言
日本の青年会議所は混沌という未知の可能性を切り拓き、個人の自立性と社会の公共性が生き生きと協和する確かな時代を築くために率先して行動することを宣言する
綱領
われわれJAYCEEは社会的・国家的・国際的な責任を自覚し志を同じうする者、相集い、力を合わせ青年としての英知と勇気と情熱をもって明るい豊かな社会を築き上げよう。
JC3信条
1. 個人の修練  2. 社会への奉仕  3. 世界との友情
JCクリード

【英語】

We Believe:
That faith in God gives meaning
and purpose to human life;
That the brotherhood of man
transcends the sovereignty of nations;
That the economic justice can best
be won by free men through free
enterprise;
That government should be of laws
rather than of men;
That earth’s great treasure lies in
human personality; and
That service to humanity is the
best work of life.

【日本語訳】

我々はかく信じる:
信仰は人生に意義と
目的を与え
人類の同胞愛は
国家の主権を超越し
正しい経済の発展は
自由経済社会を通じて
最もよく達成され
政治は人によって左右されず
法によって運営さるべきものであり
人間の個性はこの世の至宝であり
人類への奉仕が
人生最善の仕事である

情報更新:2008年10月29日

役員一覧

情報更新:2008年10月29日

組織図

情報更新:2008年10月29日

定款

社団法人岸和田青年会議所定款

icon_4b_192

情報更新:2008年10月29日

決算報告

●2021年度決算報告 貸借対照表

●2020年度決算報告 貸借対照表

●2019年度決算報告 貸借対照表

●2018年度決算報告 貸借対照表

●2017年度決算報告 貸借対照表

●2016年度決算報告 貸借対照表

情報更新:2008年10月29日

対外出向(関係諸団体)

情報更新:2008年10月29日

標準 特大